<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-format=”fluid”
data-ad-layout-key=”-gy+k-2e-82+nw”
data-ad-client=”ca-pub-7483928227404898″
data-ad-slot=”3164574109″></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

今回は初心者の方向けの記事となります!

上級者の方はそんなに面白いものではないですが、サバゲを布教する際に参考になさってください!

今回は3パターンに分けてみていただこうかと思います!

①最低限必要なもの

②あると便利なもの

で行きます!

最低限必要なもの

■エアガン

エアガンには大きく分けて、スナイパーライフル、アサルトライフル、サブマシンガン、ハンドガン、ロマン銃

があります。

【スナイパーライフル】

基本的には連射ができず、長距離狙撃をすることに特化した銃となります。

いかに有利なポジションに位置取りして、見つからないようにするかが重要な武器です。

取り回しがしづらい、基本的には連射ができないなどの理由から初心者向けではないと言われています。

安いもので約15,000円~

【アサルトライフル】

アサルトライフルが一番有名なジャンルではないでしょうか。M4カービンや、AK47などゲームや映画でよく見る銃です。

その分、選べる銃も、種類も豊富にありますし、カスタムパーツなども多くみられます。

重量としては銃によりけりですが、最も平均的です。

バレル長が長めのため、命中精度も申し分ありません。

フルオートも基本的にできます。

安いもので約25,000円~

【サブマシンガン】

私個人としては一押しです。

軽い、値段が安い、フルオートできるためです。

また、実銃と違いほかの形状のエアーガンとパワーがあまり変わりません。

エアーガンには銃刀法違反になるかならないかのパワーの基準があり、そのパワー以下の性能でなければいけません。

改造して違反ギリギリまで煮詰めでもしない限りは、そんなにほかのジャンルの武器とパワーそのものはほとんど変わらないのです。

また、初心者にとって軽いことは大きなアドバンテージになります。

大きな銃が欲しい場合、サバイバルゲームに慣れてから購入するほうがいいかもしれません。

私は初めて参加したゲームでAK47を持っていきましたが、緊張と山への不慣れから膝が言うことを聞かなくなりました。

約20,000円~

【ハンドガン】

極めてサブ要素の強い銃です。

例外として、室内サバゲ場ではレギュレーションでセミオート(単発発射)のみだったり、パワーが法律よりも大幅に絞られたものでないと使えない場合があります。

そういった際にはメイン武器として登場することになります。

ですが射線の長い屋外ではハンドガン戦でもない限り、ほとんど登場しません。

まれに弾切れ時や、スナイパーで近接戦闘をする際に使う程度です。

もちろんフィールドにはよりますが、屋外だとなくても何とかなります。

近場のフィールドに合わせて購入を検討しましょう。

約12,000円~

【ロマン銃】

グレネードや、マシンガン等です。

ゲームとして使うにはドMな武器ですが、どこか漢らしさを感じる武器たちです。

弾幕薄いよ!何やってんの!

とはならない武器達ですね。

敵に回すと前方から恐ろしい音が聞こえてきます。恐怖です。

お値段プライスレス

【スコープ】

これは別途あるとよいものですが、スナイパースコープやドットサイト、ホロサイトなどがあります。

狙いをつけるときに数段有利になるため、つけないという選択肢は少ないかもしれません。

メタルサイト(銃についている簡易サイト)で俺は行くんだ。

これも一つの漢らしさかもしれません。シモヘイヘがそうだしね。(ボソッ)

約3,000円~

【まとめ】

値段を抑えるのであれば、ハンドガンが一丁あればサバゲには参加できます。

ただし遠距離での戦いや、連射がしにくい(出来るものもある)など不利な点が多いために、出来ればサブマシンガンタイプが欲しいところです。

初めての方でおすすめなのはMP7A1(マルイ製)

単純に筆者が使っていて軽くて取り回しがしやすいという事でおすすめです。

マルイ製は箱出しでそのまま使えるのも魅力ですね。

■ゴーグル

こちらはエアガンと並んで必須です。レギュレーションで決められているからと言ったらそれまでですが、弾があたったら普通に失明しますので、当然のようにつけましょう。メッシュタイプと透明タイプがありますが、メッシュは曇りづらく見えにくい。透明タイプは曇りやすく見えづらいという特徴があります。

約1,000円~

■フェイスガード

ゴーグルほど必須ではないですが、歯を折って間抜けな顔になりたくない方々は必須です。

口に弾が直撃すると、歯が折れます。良くてグラグラします。

サバゲ回数6回の私でもすでに2発フェイスガードに食らってます。

それくらい当たります。

最低限バンダナをまくだけでも機能はしますが、専門のものをつけることで快適に動けるのは間違いないです。

約2,000円~

あると便利なもの

■マガジンポーチ

予備マガジンを入れる道具です。後ほど出るチェストリグなどにつけて使います。

予算不足なら多連マガジンのみで行くのもまた一興です。

1個1000円ほど

■チェストリグorプレートキャリア

マガジンなどの携行容量をより増やすために使うものです。

あると非常に便利ですし、恰好が付きます。

写真のように最初からマグポーチがついている物、ついていない物もありますのでよく見てから購入するようにしましょう。

約5000円~

■ハンドガンホルスター

自分のハンドガンにあったホルスターを買いましょう。

またズボンのベルトにつけるのも方法ですが、ハンドガン用のマグポーチをつけるベルトなどもありますので、好みのものを使うといいでしょう。

約1000円~

■迷彩服

迷彩服には3つの効果があります。

①見えづらくなる。

②汚れてもいいと割り切れる。

③気持ちが上がる

サイズの合ったものを購入するといいですが、低身長やせ型の私にはサイズが少なかったりしますので、そういった方は別のスタイルを考えましょう。

私はどの店に行ってもSサイズはあるかい?と聞くレベルの体系です。

またサバゲの楽しみ方の記事にもありますが、好きな軍服を着るのも楽しみ方です。

サバゲ参加日記~楽しみ方とは?~

武器に合わせた装備にするとチグハグ感が出ないでしょう。

ただ基本的には、こだわらなくても馬鹿にする人はおそらくいません。

約5000円~

まとめ

最低限の金額

ハンドガンのみ:15,000円ほど

サブマシンガンのみ:21,000円ほど

便利グッズも合わせて:33,000円ほど

と、これくらいが予算です。

もちろん中古や、福袋などでもっと安く抑えられる場合もありますので、参考数値にしてください。

お財布の中身と相談して、少しづつ購入していきましょう!