4月22日開催の定例会に参加してきましたー!

私が参加した中では一番人数が多く、非常に面白く感じた一日でした。

それもこれも宮大サバゲ部の皆さんが7名も参加してくれたことが大きかったですね!

参加者の皆様。お疲れ様でございました!

初心者の方がほとんどという事でしたが、私も初心者なので私個人の戦いはいい勝負だったなと思います。笑

さてそんな中、初めて参加する皆さんを見ているうちに、私自身が初心に帰って思うことがありました。

それはサバゲの楽しみ方は人それぞれ。という事です。

私なりに考察してみたサバゲの楽しみ方を上げてみたいと思います。

サバゲの楽しみ方

①ゲームそのものを楽しむ(スコア派)

サバゲを勝負としてとらえ、勝ち負けやスコアにこだわるタイプです。スポーツとして楽しむといってもいいと思います。

②ゲームそのものを楽しむ(環境派)

ゲーム中のあの緊張感はなかなか日常生活で味わえるものではありません。私自身はこのタイプなのですが、勝ち負けは二の次だと思ってます。といいつつ、ハイサイクル欲しいな~やバレル延長しようかな~なんか妄想してしまうので①よりかもしれませんね。笑

③武器の改造を楽しむ

これは技術者肌なのかな?とも思います。機械が苦手だー。壊すのが怖いー。なんて人には考えられないかもしれませんね。

武器そのものの性能を向上させるために。買った武器の不具合を改善するために。理由は様々ですね。

中華の不具合製品をマルイ並みの性能にしたいという願望をかなえるために、徹夜するなんてこともしばしば。一番身近な人ですが笑

④武器のコレクションを楽しむ

単純に武器が好きな方はこちらなのかな?と思います。ソ連時代のものをそろえてみたり、フルウッドを買いなおしてみたり、コレクション魂は永久に不滅であります。

⑤服等の装備の充実を楽しむ

歴史好き。国好き。なんてのが重なってる気がします。知的好奇心を充実させたいタイプにはすごく楽しめる気がしますね。

本気で取り組んでいる方を見るとあまりの知識量に感動を覚えます。

⑥歴史を楽しむ

これも正直セットな気がしますが、単純に世界史が好きってのは少なからず皆さんある気がします。

武器を選ぶ。装備を選ぶ。

これらを見た目から入っていくのも一つではあるんですが、どんな物なのか?性能なのかを追っていくと結局歴史が目に入るんですよね・・・笑

⑦撮影を楽しむ

サバゲを楽しんでいる様子や、装備、武器などなど映像作品として残すのも立派な楽しみ方ですね。

と簡単に思いつくものでこんなにも出てきます。

 

ここで言えるのがサバゲは、俗にいう体育会系と、文科系がミックスされているという事なんです!

そしてそれぞれのタイプの方が、同じ場所に集まってみんなで楽しむ。そんな趣味はサバゲだけのような気がします。

サバゲ最高。